京都紅葉名所一覧 見頃はいつ?

東寺

世界遺産東寺もライトアップが行われております。尚、現状の東寺の紅葉は見頃前、20日以降には見頃になると思われます。では画像で(11月17日撮影)。

dsc09678

東門をくぐると幻想的な世界です。

dsc09675

dsc09677

dsc09674

dsc09662

dsc09661

食堂(じきどう)から撮影。

dsc09659

庭園内から撮影。

dsc09650

dsc09636

dsc09638

dsc09647

dsc09633

dsc09625

dsc09626

五重塔以外の様子です。青モミジがまだ多く残っていますがライトアップされ綺麗です。

dsc09628

dsc09629

dsc09630

dsc09641

dsc09643

dsc09644

京都タワーと清水ビームが見えます。

dsc09646

dsc09648

ライトアップは18:30からの開始となりますが、開始前後は大変混雑します。遅い目がお勧めです。

東福寺の混雑度合いは京都No1

昨日(11月17日)は京都紅葉の大本命(永観堂・南禅寺・東福寺)を巡りましたが、最後に訪れたのは東福寺です。混雑度合いは京都No1、人を見に来たのか紅葉を観賞しに来たのか分からない程です。

dsc09533

dsc09534

綺麗に紅葉していましたが一部まだの部分があり、見頃ピークは11月20日過ぎではないでしょうか。

dsc09531

dsc09532

dsc09537

階段を下るとガイドブック等で良く紹介されています渓谷・洗玉澗です。

dsc09538

下る途中で撮りました通天橋、紅葉ピーク時には通勤電車並の大混雑となります。

dsc09542

こちらも紅葉ピーク時には通勤電車並の大混雑となる洗玉澗です。

dsc09543

dsc09546

dsc09545

洗玉澗から上ります。

dsc09555

dsc09536

dsc09559

こちらは臥雲橋です。

dsc09564

臥雲橋側から見た通天橋方面、東福寺の紅葉と言えばやはりこの絶景です。

dsc09565

通天橋へ。

dsc09575

dsc09578

dsc09585

今年より橋の部分での写真撮影が禁止となっております(回廊部分はOKです)。この先が禁止区域です。

dsc09588

dsc09595

dsc09597

dsc09603

dsc09606

次ぎに向かったのが隠れスポット偃月橋です。

dsc09613

dsc09615

まだ青モミジ、見頃は11月下旬となりそうです。

dsc09609

偃月橋を渡るとあるのが即宗院です。ココまで来られる方は少なく、いつも閑散としております。

dsc09610

最後は三門です。

dsc09616

dsc09617

三門横にある大木は通天モミジ、開山の円爾(えんに)が宋から持ち帰ったと伝わっています。黄金色に染まり葉先が三つに分かれています。

dsc09620

昨年は暖冬の影響で東福寺の紅葉は残念な結果(色着く段階で落葉、それでも綺麗でした)となっておりましたが、今年は綺麗です。

京都紅葉の大本命(永観堂・南禅寺・東福寺)

本日(11月17日)は京都紅葉の大本命(永観堂・南禅寺・東福寺)を巡っておりますが、永観堂の次に訪れたのは永観堂のお隣にあります南禅寺です。

先ずは「絶景かな~」で有名な三門周辺の紅葉です。

dsc09485

dsc09486

dsc09526

dsc09489

dsc09490

dsc09494

dsc09523

dsc09525

次に向かったのが法堂と方丈、見事に紅葉しています。

dsc09495

dsc09496

dsc09497

dsc09498

dsc09499

dsc09500

dsc09502

dsc09503

dsc09504

dsc09515

dsc09516

dsc09520

dsc09517

dsc09521

次ぎはTVドラマなどで有名な水路閣、「ジャジャジャ~ン」と思わず口ずさんでしまいます。

dsc09513

dsc09510

dsc09507

dsc09506

最後は三門横にあります天授庵、白壁と紅葉が見事にコラボしています。dsc09492

dsc09493

dsc09529

dsc09530



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする