京都のスイーツといえば!!

京都の夏はとにかく暑い。歩きまわって疲れたら、甘いものを食べてひと休みしましょう。

加加阿(カカオ)365は京都・北山に本店を構えるスイーツ店のマールブランシュが手掛けるチョコレート専門店。

マールブランシュといえば、抹茶のラングドシャ「茶の菓」が有名ですね。
今回は祇園店に行ってきました。祇園・花見小路を少し入った所にあります。

外観.jpg

内装は町家の良さを活かしたモダンな雰囲気。色とりどりのチョコレートが並びます。

春夏限定のアイスは種類もたくさん。こちらはフルーツ味。
アイス1.jpg

さすがチョコレート専門店、カカオの産地別のアイスまで!
アイス2.jpg
私はベネズエラ産のオクマーレというアイスをいただきました。とにかく濃厚。
こっちはエクレア。舞妓さんモチーフなど京都らしいですね。

エクレア.jpg

店内にはイートインスペースもあるので涼しいところでゆーっくりアイスを楽しめます。
イートイン.jpg
他にも京都の風物詩にちなんだ紋があしらわれたチョコレート(1年間の日数と同じ365種類あります)、ご自分のお誕生日のものを購入されたり、プレゼントにしてもおしゃれです。(このチョコレートの購入は事前に予約が必要です。お家に届けてもらうことも出来ます。詳しくは電話にて、とのこと)
見ているだけでも楽しめるような可愛いものばかり。暑い日の観光疲れを癒やすにはピッタリのお店です。

出町ふたば

京都の町は、朝晩は冷え込み日中は暑さが
まだ残っているような日々が続いていますが、
観光にはもってこいの季節となりました。

今日は、京都に来られたら是非食べて
頂きたいおススメの和菓子を紹介したいと
思います。おいしい

下鴨辺りに観光に向かわれるのなら、是非
『出町ふたば』に寄ってみて下さい。

フタバ3.jpg

えんどう豆の入った名代豆餅がおススメです。

こし餡の甘みは控えめで、、赤えんどう豆の塩味と、
豆の固さが食感のアクセントになっているような
感じです。

フタバ4.jpg

お餅がとっても柔らかいので、時間が経つと固くなる
前にお早めに召し上がって頂く方が美味しいです。

豆が大きくて、食べ応えがあり1個で十分満足します。

時間帯によりますが、大変混み合う時もあるので、
やはり人気なのでしょうね。

フタバ2.jpg

『長楽館』でいただくアフタヌーンティー

一件目は円山公園の枝垂桜の近くにある明治の煙草王・村井吉兵衞氏の別邸跡で明治42年に完成した洋館『長楽館』でいただくアフタヌーンティーですケーキワインひとつひとつがとても丁寧に作られ完成度が高く女性に大人気です。一緒にいただくお茶もとても丁寧にいれられていて本当に美味しくゆっくりとした時が流れています。
P1000433.JPG

P1000429.JPG

P1000422.JPG
長楽館 電話 075ー561ー0001

甘味所『徳屋』

二件目は祇園にある甘味所『徳屋』でいただく和のスイーツです日本茶中でもお勧めは本わらびもちです。口の中でとろける食感がたまらないと人気です。混んでいる時は1時間待ちということもありますが、並んででも食べたくなります。
P1000440.JPG

徳屋 電話 075ー561ー5554

(Visited 38 times, 1 visits today)

人気記事ランキング

この記事をお届けした
女子部じょし部の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする