千鳥饅 みたらし小餅

千鳥饅 みたらし小餅長崎に伝わった南蛮菓子の製法を学んで寛永7年(1630)に創業した老舗和菓子屋があります。「千鳥饅頭」の発祥のお店として知られていますが、昭和48年に大阪に進出して、その大阪総本店で販売しているのが「みたらし小餅」(1箱12個入 税込650円)。「みたらし団子」といえば、串刺しになった丸餅に、甘だれがかかっているものが一般的ですが、千鳥屋のみたらし小餅は「丸餅の中に甘だれが入っている」という、常識を覆すみたらし団子です。ひとくちサイズでほおばると、プチッとお餅がはじけて、甘口醤油のたれがとろーりと口の中に広がります。甘だれが餅の外にかかっているのと、餅の中に入っているだけの違いなのですが、いままでのみたらしとは全く違う風味です。我が家では三ヶ月に1回の割合でおやつで買います。

(Visited 178 times, 1 visits today)
人気記事 TOP15
京都観光情報