関西国際空港周辺の宿泊施設

訪日外国人により宿泊施設の不足が深刻化

現在、関西国際空港周辺の宿泊施設において訪日外国人旅行者の増加により不足している状態にあります。そこで各市町村の取組を調べました。

新規ホテルの参入

インバウンド需要で今、関西空港周辺のホテル不足が深刻化しています。
今回は泉佐野市、田尻町に新規にホテルが誕生します。

ザイマックスは中国の春秋グループと共同でホテルを今年末にオープンし、泉佐野は京都プラザホテズが来年の4月にオープンします。

ザイマックス田尻町は田尻町嘉祥寺の昔コジマNEWりんくう羽倉崎店の跡地に建設します。客室はインバウンド需要で大切なアジアからの旅行者を取り込むのを目的にしている為、ツインやトリプルルームを多く設置する予定となっています。まさに、中国客の取り込みを重視しています。

続いて、京都プラザホテルズグループが運営する「ホテルアストンプラザ関西エアポート」は国道26号線に面する敷地面積2600平方メートルに10階建てのを建設する。

ホテルの特徴は、大浴場完備・朝食無料サービス。同グループでは朝食無料のサービスが人気で、大浴場では旅や仕事で疲れた体を癒やしてくれます。

泉佐野おもてなし条例

観光客に対して心のこもった「オ・モ・テ・ナ・シ」による観光振興の推進

観光客の宿泊施設確保

雇用機会の創出

地域活性化と市民福祉の向上

スポンサーリンク



よく読まれている記事



スポンサーリンク











この記事をお届けした
女子部じょし部の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク