京都観光モデルコース|京都駅から金閣寺から嵐山

せっかく来たのだから効率よく楽しく観光したいですね。

京都観光といえば「清水寺」「金閣寺」「伏見稲荷」などがありますね。

なので、せっかくの機会にいろいろと見てみたいところですが、そこをグッとこらえて、西側なら西側だけ、東側なら東側だけに的を絞って観光すると、効率よく回ることができて、限られた時間でもじゅうぶんに楽しめます。

 

京都観光達人が考えた「京都観光モデルコース」1日目

このモデルコースで回れる観光スポット
◎1日目(朝に京都駅到着)
08時:京都駅着。志津屋(SIZUYA)でカルネ
09時:ホテルに荷物を預ける
10時:金閣寺
12時:ランチ
13時:龍安寺・仁和寺
16時:嵯峨嵐山
19時:ホテルへ戻る
21時:京都駅周辺で夕食

京都のまわり方

京都へ行く交通手段として飛行機で京都へ来られる人がいると思います。そういった方には関西空港から京都へのアクセスや大阪空港(伊丹空港)から京都へのアクセスも知っておきたい重要な情報ですよね。

京都観光に便利なホテル

ホテル近くの2つのバス停から京都を代表する「主要観光エリア」へらくらく市バス観光。

バス停からすぐに京都観光へ出発できる!!ホテルから市バスで行く6つの世界遺産のモデルコースが楽しめます。

今回は基本的な設定として、東京から京都に旅行に来たという体で。

京都での滞在時間をできるだけ長くしたいということで、新幹線は次のものをチョイス。


●往路:のぞみ1号東京駅6:00発、京都駅8:08着

◎復路:のぞみ64号
京都駅21:37発、東京駅23:45着

これなら、京都での滞在時間は約37時間になります。持ち時間としては、まずまずですね。

〈8:10 京都到着〉

新幹線乗場(八条口)さて、まずは新幹線で京都に到着、八条口の改札を出て右に進みます。
ホテルに向かいます。

〈10:00 金閣寺道にて市バスを降車〉

金閣寺道バス停

金閣寺参道前

金閣寺道のバス停で降りると、もうそこは金閣寺の門前です。
お店が立ち並ぶ坂を少しだけ上っていくと……金閣寺の正面入口に到着しました。

さすがに人がいっぱいいますね。
とりあえず、いざ金閣寺ということで、どんどん奥に進んでいきます。

さすがに人がいっぱいいますね。

とりあえず、いざ金閣寺ということで、どんどん奥に進んでいきます。

〈いよいよ金閣寺観光!〉

金閣寺入口

拝観時間は9:00から17:00までと、もう開いていますので、まっすぐ中に。

金閣寺石碑

いざ世界遺産金閣寺へ

 

高鳴る鼓動を抑えながら

金閣寺撮影スポットまだ朝も早いのに、撮影スポットにはこんなに人が!!

京都を象徴するシンボルのひとつでもありますので、ちょっと誇らしくなってしまいました。

 

〈ここで、ちょっと一息……〉

抹茶アイスクリームちょうど晴天で暑かったので、一通り見た後の休憩タイムは境内売店の豆政さんで。
程良く疲れたカラダに糖分補給!

ここの抹茶ソフトがおいしいんです。

ずらりと並んだ看板は多言語で書いてあるんですけど、外国人のお客様が多いので納得です。

 

龍安寺・仁和寺

〈13:00 2番目は龍安寺〉

おいしいランチを楽しんだら、歩いて次の目的地に向かいます。
1キロほどなので、食後の運動にはちょうど良いくらい?

IMG_8270

IMG_8276

10分もかからず龍安寺の入り口に着きました。

IMG_8280そうそう、歩いていると、あちらこちらでレンタサイクルをよく見かけました。

実は京都は観光スポットが密集しているところもたくさんあるので、自転車が便利だったりします。

(レンタサイクルのことは、またの機会にご紹介したいと思います)

IMG_8282

入り口からの緑のトンネルを抜けると、

龍安寺 入口龍安寺の門に到着です。

DSC02880龍安寺と言えば、わざわざ説明する必要がないくらいに有名なのが、この石庭。

まさに圧巻で、すばらしいの一言!

あまりにも感動的な光景に、私も石庭の前で石を数えたり、写真を撮ったりで、ふと我に返ってみれば1時間半も経ってしまっていました。

金閣寺も良かったですけど、龍安寺はまた格別ですね。

龍安寺内にはお池もあって、そのまわりを散策するのも楽しいんですけど、ここは時間がなくなってきたので残念ながらスルー。(もしお時間があれば、ぜひ)

急いで次の目的地に向かいます。

〈15:00 3番目で仁和寺〉

IMG_8288龍安寺から歩いて、さらに10分あまり。

IMG_8297

途中には、こんな光景も。すっかり秋が近づいてきていますね。

IMG_8298

駐車場を通り過ぎ、仁和寺が見えてきました。

IMG_8301

龍安寺と同じく世界遺産に登録されている仁和寺は見所がいっぱいなので、駆け足で。

ほんとうなら、ここだけで半日ほど使いたいところです。

DSC02960ちなみに、仁和寺の境内にはここにしかないと言われる御室桜があります。

こちらは高さ3ートルほどで成長が止まるのが特長だそうです。いまは咲いていないのが残念。

京都では4月下旬に咲くので、春を締めくくる花として有名なんですね。

樹齢360年を超す古木もあって、衰弱が目立つということで、現在増殖に取り組んでいるそうです。

そろそろ巻きがはいってきましたが、次なる最後の目的地へ。

御室仁和寺駅

正門を出たところに嵐電の「御室仁和寺」駅がありますので、それに乗って高速移動します。

嵐山

〈嵐電でGO!!〉

この嵐電は嵯峨嵐山と四条大宮を結ぶ京都のローカル路線です。

ホームはこんな感じ。どこか懐かしいような、鄙びた佇まいがちょっと良いかも。

嵐電 夕子列車

ちょうど電車がはいってくるところです。

4 Comments

京都観光モデルコース

[…] 清水寺~八坂神社コースは、京都観光で最も多くの人が訪れる世界遺産の清水寺から祇園祭で有名な八坂神社までの人気定番コースです。基本コース(赤線)は、距離約1.3km、徒歩で約26分の道のりです。清水寺参道から「ねねの道」までおみやげ物屋・お食事所がたくさんあります。 […]

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です