京都観光半日コース|半日で初夏の京都を楽しむには?

【半日コースで初夏の京都を楽しむには】

フロントの私が実際に行って参りました初夏の京都をご案内いたします。

南禅寺

IMG_1206.JPG

南禅寺と言えば、春の桜、秋の紅葉が有名ですが、新緑が美しい初夏の景観も捨てがたいものがあります。
京都プラザホテルから南禅寺に行くには、京都駅から市バス5系統の「岩倉操車場行き」を使われるのが便利です。道路事情にもよりますが、「南禅寺・永観堂道」にて降車していただきまして、さらに徒歩で約45分で到着いたします。
参道からまっすぐ坂を上がっていくと、門が見えて参ります。

IMG_1202.JPG

私が行ったのは平日のお昼ごろでしたが、シーズンではないにしろ、けっこうな人がおられました。
特に外国人のかたが多くて、京都の観光需要がまだまだピークを過ぎていないことを実感いたしました。

IMG_1207.JPG

勅使門、三門と連なる門をくぐり、奥に進んで行くと、広大な境内が拡がっています。

IMG_1209.JPG
南禅寺は、三門からすぐの正面に建っている法堂、大方丈と小方丈にその「虎の間」の襖に描かれた狩野探霊の「水呑みの虎」、方丈庭園には枯山水の「虎の子渡し」、南禅院にある「池泉回遊式庭園」と見所がいっぱいです。

IMG_1216.JPG
この季節は、やはり、南禅院がおすすめ。
IMG_1232.JPG

IMG_1235.JPG
IMG_1237.JPG

元は離宮だったというだけあって、中央の曹源池の清涼な水面と、まわりを彩る鬱蒼とした樹木のコントラストがすばらしかったです。

IMG_1221.JPG

IMG_1226.JPG
ちょうど南禅院の手前にある赤レンガ造りの水路閣も、いまの季節に見ると春や秋とは違って、どこか涼しげな印象で、流れる水の音が耳に響き、現在もなお使われている水道橋であることが強く感じられました。

かしくコルドンブルー

オフィシャルサイトはこちら。
http://kasiku-cordonblue.com/
IMG_1198.JPG

南禅寺と言えば湯豆腐が有名なので、もちろん、ほとんどのレストランに湯豆腐の文字が見えます。
しかし、それではありきたりですので、ちょっと贅沢にランチと行きたかったこともあって、ここは創作フレンチの〈かしくコルドンブルー〉に立ち寄りました。

IMG_1201.JPG

こちらは基本的にコース料理のみのレストランで、ランチは3,000円と4,500円の2種類。
3,000円でも前菜の盛りあわせから、スープ、魚料理、鶏料理、パン、デザート、コーヒーとお腹いっぱい、おいしくいただけます。

1464394573706.jpg

しかも、魚は宮津の漁港より直送という新鮮さ。
デザートは全てシェフ自慢の手作りで、コーヒーまで自家焙煎されているという、細部にこだわり抜いたお店です。
まるで生クリームの塊といった濃厚な食感のアイスクリームは絶品です。

1464394585302.jpg

ランチには少しお高いと思われるかもしれませんが、それだけの値打ちは間違いなくございます。

(Visited 475 times, 17 visits today)

人気記事ランキング

この記事をお届けした
女子部じょし部の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする