嵐山観光を楽しむモデルコース 満足度すごい

DSC07438.JPG
建物群が天龍寺、その後方の林が有名な竹林、その後方に有るのが五山送り火の「鳥居形」です。舞台の有る法輪寺の本堂です。
DSC07441.JPG
法輪寺でもう一つ有名なのが「電電宮」です。
直ぐ横に法輪寺電電宮護持会の看板が有りますが、パナソニック・日本放送協会大阪放送局(NHK)・西日本電信電話(NTT西日本)・京都放送(KBS京都)・関西電力・毎日放送(MBS)・朝日放送(ABC)・関西テレビ・NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクなどなど、電気・放送・通信関係の会社の名前が並んでいます。

DSC07448.JPG
DSC07447-1.JPG
桜・紅葉シーズンには大混雑する嵐山界隈ですが、法輪寺は比較的閑散としております。
混雑を避けゆっくりと散策するのは最適であります。

嵐山花灯路

12月11日のブログにて嵐山花灯路初日、渡月橋/嵐山周辺の画像を紹介させて頂きましたが、本日は嵯峨野竹林周辺の撮影に行ってきました。

先ずは嵯峨野落柿舎です。
42.JPG
43.JPG

人気スポット竹林へ、通勤電車並の混雑です。
55.JPG
57.JPG
最後に嵐山へ、月を入れ渡月橋を撮影しました。
嵐山花灯路は20日までとなります、是非お越し下さいませ。

秋の嵐山

所で本日は嵐山へ、11月中旬より洛北・東山方面の紅葉名所を巡っていますがやはり嵐山を外す訳けには行きません。
今年の京都の紅葉は全体的に不調となっていますが特にその傾向が強く出ているのが嵐山、例年で有れば錦秋となる嵐山ですが今年の嵐山は色が着かずに終ってしまいそうです。
DSC06440.JPG
嵐山の人気スポット竹林、朝の8時なので観光の方はいらっしゃいません(10時ぐらいから混雑します)。
DSC06441.JPG
DSC06442.JPG
DSC06443.JPG
竹林を抜け嵐山公園展望台へ、保津峡の絶景を見る事が出来ます。
朝霧が少し残っていました。
DSC06444.JPG
DSC06445.JPG
DSC06446.JPG
下記画像は昨年11月27日に撮影、色着きの違いがお判り頂けると思います。
来年は錦秋の嵐山となる様願っております。
IMGP0054.JPG
展望台の次は大河内山荘・小倉池・常寂光寺の前を通り嵯峨野へ、嵯峨野と言えばやはりここ落柿舎です。
DSC06451.JPG
柿はまだ残っていました。
DSC06453.JPG
次は清涼寺へ。
DSC06467.JPG
DSC06455.JPG
清涼寺の次に宝筐院・大覚寺で紅葉撮影を実施、画像は別途アップ致します。
所で帰宅途中に再度嵐山へ、嵐山駅前・天龍寺・渡月橋はもの凄い人となっておりました。
DSC06602.JPG
DSC06609.JPG
紅葉が終りますと12月11日から嵐山花灯路が始まります。
残念な結果となっております嵐山の紅葉ですが、花灯路では嵐山全体がライトアップされ幻想的な世界となります。是非お越し下さいませ。

2016年は申年という事で、本日は外人さんに大人気となっています岩田山モンキーパーク(旅行口コミサイトトリップアドバイザー 2014年外人人気スポット全国14位)へ行ってきました。

実は、京都の我々にとって岩田山モンキーパークはほぼ忘れられた存在でしたが、2000年あたりから外人さんの間で話題となり今では世界遺産級神社仏閣と同等レベルの大人気スポットとなっております。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です