『ふじや』川魚料理

『ふじや』川魚料理

京都では、梅雨にに入り蒸し暑い日が続き、いよいよ祗園囃子の練習が室町界隈で聞こえてくる季節になってまいりました。懐石料理店では、季節の風情を大切にして、6月に入ると食材や器が夏用に変わり、設えも夏座敷に夏座布団に変わります、また、器は切子や、青竹等が多く使われるようになります。京野菜「賀茂茄子」もそんな初夏の素材のひとつです。よく出てくるのが賀茂茄子田楽、のしぎ焼きなど、賀茂茄子はきめ細かな果肉がぎゅっと詰まっていて歯ごたえがよく、果物のようにみずみすしい独特の食感です。
ぜひ、お試し下さいませ。

ところで、京都では夏の風物詩で鴨川の川床は有名でたくさん料理屋が出ていますが、市街から少し外れた貴船にも川床の料理屋さんが数軒在り、京都市内より気温が4、5度低く涼しさを楽しめます。おすすめは『ふじや』さん、川魚料理も接客も行き届いて満喫できますよ。
是非、京都の暑さを楽しんでみて下さいませ。

(Visited 598 times, 1 visits today)

スポンサーリンク



よく読まれている記事



スポンサーリンク











この記事をお届けした
女子部じょし部の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク