伏見稲荷は地元の人々に「おいなりさん」と呼ばれ(いなり寿司みたいで美味しそう★)

おいなりさん

こんばんは!フロントKっす!!最近は暑かったり寒かったりよくわかりませんね〜!前回の休日はどこにも行けてなくてネタ切れ中なので、ちょうど一昨年の今頃母親と 伏見稲荷に行ってきたのを思い出したのでご紹介させていただきます。もう10数年京都に住んでいるのにもかかわらず一度も伏見稲荷に行ったことがなかったので、母を無理矢理一緒に連れて行きお参りしてきました。

伏見稲荷は地元の人々に「おいなりさん」と呼ばれ(いなり寿司みたいで美味しそう★)、五穀豊穣の神として知られ商売繁盛を願って多くの参拝客が伏見稲荷に訪れます。初詣の参拝客は全国でも5位以内に入るほど!!!どっからこんな人が集まるんやろ!?っと思うほど皆様熱心にお参りされます。京都駅からもJR稲荷駅で下車してすぐです。朱色の大鳥居が目印です!
せっかく来たなら、本殿裏の朱色の千本鳥居をくぐって下さいな!!CMやドラマでも使われていて、鳥居をくぐっていると何とも神秘的な気分になります。

鳥居の数にただただ唖然とさせられます!途中休憩する場所があったのですが、そこから京都市内を見下ろすと、こんな所まで登ってきたんだなぁとびっくりします。また、絵馬もキツネの絵馬があったり、「おもかる石」といって石を持ち上げて自分の予想より石が軽かったらお願い事がかなうと言われる石があったり、なかなか面白いですよ!一度お時間ある時にお参りされて、鳥居をくぐって、お山めぐりされたらいかがでしょうか?

(Visited 865 times, 1 visits today)


人気記事 TOP10

人気記事ランキング

京都観光情報