京都観光モデルコース|京都駅から金閣寺から嵐山

リンク

安く京都を楽しく効率よく観光するには?

金閣寺外観京都を観光するのには、実はまとまった時間が必要です。

観光名所がたくさんあるからということの他に、そもそも京都は東西南北に拡がっていて、移動するだけでもけっこうな時間をとられてしまうからです。
この記事は京都旅行を計画している方におすすめの旅行記事です。

京都観光モデルコース|京都駅から金閣寺から嵐山

半日だと全然楽しめません。1日でもハードスケジュールになってしまうのは必至です。

せっかく来たのだから効率よく観光したいですね。

京都観光といえば「清水寺」「金閣寺」「伏見稲荷」などがありますね。

DSC07336

なので、せっかくの機会にいろいろと見てみたいところですが、そこをグッとこらえて、西側なら西側だけ、東側なら東側だけに的を絞って観光すると、効率よく回ることができて、限られた時間でもじゅうぶんに楽しめます。

というわけで、京都観光を1泊2日で安く満喫するにはどうすれば良いのか?
また、日帰りでも旅を楽しめるのか?
また、女性の一人旅でも安心してして頂けるようバスも利用し観光コースを考えました。

京都観光達人が考えた「京都観光モデルコース」1日目

このモデルコースで回れる観光スポット
◎1日目(朝に京都駅到着)
08時:京都駅着。志津屋(SIZUYA)でカルネ
09時:ホテルに荷物を預ける
10時:金閣寺
12時:ランチ
13時:龍安寺・仁和寺
16時:嵯峨嵐山
19時:ホテルへ戻る
21時:京都駅周辺で夕食

DSC_0864

今回予約した京都プラザホテルは京都駅より徒歩8分の「格安ビジネスホテル」

このホテルを予約した理由は

  1. 各観光スポットへ行けるバス停がホテルの近くにあること
  2. 京都駅のバスターミナルに行く前にバスに乗れるので「座れる」
  3. 朝食が無料であること。
  4. 大浴場があること。

●こちらにホテルのリンクを貼っておきますね。
今回予約した京都プラザホテル

実際に私が体験してきて、個人的なおすすめのコースをまとめてみました。

それでは、出発!

今回かなりハードなプランとなっております。ご了承ください。近日中にソフトな観光モデルコースも作成いたします。

まず基本的な設定として、東京から京都に旅行に来たという体で。

京都での滞在時間をできるだけ長くしたいということで、新幹線は次のものをチョイス。

JR東海ツアーズなら新幹線チケット+ホテル代金もセットで格安でゲットできます。
予約サイトはこちら、料金を確認できます。

京都駅新幹線案内

●往路:のぞみ1号
東京駅6:00発、京都駅8:08着

◎復路:のぞみ64号
京都駅21:37発、東京駅23:45着

これなら、京都での滞在時間は約37時間になります。持ち時間としては、まずまずですね。

〈8:10 京都到着〉

新幹線乗場(八条口)

さて、まずは新幹線で京都に到着、八条口の改札を出て右に進みます。

のぞみに乗車していたのは、たったの2時間ほどですが、朝早くに家を出たので、そろそろ小腹が減ってきました。

これからたっぷり歩き回るわけなので、その前にちょっと寄り道するのも当然ですよね♪

〈8:20 志津屋(SIZUYA) 京都駅店にて カルネ〉

人気のカルネ

京都では昔から有名なパン屋さんで、サンドイッチがおいしい志津屋さん。
改装されたばかりの真新しいお店には、良い香りの焼き立てパンがいっぱい!

その中から『秘密のケンミンSHOW』で紹介されたこともあって、最近人気のパン、カルネをいただきます。

フランスパンにハムとオニオンがはさんであるシンプルなパンですが、その相性は抜群。1個でもしっかりした満足感が。

これで、いくらでも歩き回れそうに思えてきました。

〈8:55 荷物は軽くしておこう!〉

荷物預かりサービス

とはいえ、観光するのに重い荷物は邪魔なだけ。次は予約してあるホテルに行って、要らない荷物を預けます。

荷物を預ける時に一緒にもらえるのがオリジナル京都観光マップです。
うらにバスの路線図もついているのでこれ一枚で京都観光に役立ちます。

もちろん、泊まるのは京都プラザホテル!京都駅八条西口から徒歩8分なので便利。しかも、お安い!さらに、すぐ近くにはイオンモールもあって、買い物するのもご飯をするにも超便利!

金閣寺

〈9:00 東寺道から市バスに乗車〉

1日目は京都の西側を観光するルートということで。

伏見稲荷大社 御旅所

京都プラザホテルの最寄りにあるバス停が「東寺道」。

市バス205 金閣寺方面行きのバス

ここから市バスの205系統に乗り込みます。

目指すは本日1番目の目的地である金閣寺です。
やはり、京都に来たからには、有名な金閣寺は見ておきたいですからね。京都市バス車内

東寺道からのバスの車内はとっても空いています。ほとんど、ガラガラの状態。
おかげで、どこでも座りたいところにゆったりと座れます。

京都駅バスターミナルの長い列

ところが、途中で経由する京都駅に着いたら、バスターミナルには観光客が長蛇の列!!
みなさん、お目当ては同じなんですね。

満員の市バス車内

そこで、京都駅からの車内はさっきまでとは打って変わって、混み混みの満員に。

立っている人もたくさん。

私は東寺道から乗ったので、立たずにすんでラッキーでした♪

金閣寺までは約50分です。

市バスは本数が多いので、待ち時間も少なく、京都の観光ではお世話になります。
500円で1日乗り放題の1日乗車券もありますので、何回か乗るなら買っておいたほうがお得ですね。

IMG_8184

〈10:00 金閣寺道にて市バスを降車〉

金閣寺道バス停

金閣寺参道前

金閣寺道のバス停で降りると、もうそこは金閣寺の門前です。

お店が立ち並ぶ坂を少しだけ上っていくと……金閣寺の正面入口に到着しました。

金閣寺正面入口

さすがに人がいっぱいいますね。

とりあえず、いざ金閣寺ということで、どんどん奥に進んでいきます。

〈いよいよ金閣寺観光!〉

金閣寺入口

拝観時間は9:00から17:00までと、もう開いていますので、まっすぐ中に。

金閣寺石碑

いざ世界遺産金閣寺へ

金閣寺パンフレット

高鳴る鼓動を抑えながら

金閣寺撮影スポット

まだ朝も早いのに、撮影スポットにはこんなに人が!!

京都を象徴するシンボルのひとつでもありますので、ちょっと誇らしくなってしまいました。

金閣寺

朝日を浴びて金色に輝く金閣寺は、とっても美しくて、見応えがありましたね。

金閣寺の境内は歩くと、けっこう広いので、ゆっくり見て回ると1時間半ほどかかります。

〈ここで、ちょっと一息……〉

抹茶アイスクリーム

ちょうど晴天で暑かったので、一通り見た後の休憩タイムは境内売店の豆政さんで。
程良く疲れたカラダに糖分補給!

ここの抹茶ソフトがおいしいんです。

ずらりと並んだ看板は多言語で書いてあるんですけど、外国人のお客様が多いので納得です。

他に団子なんかもあって、夏の間はふわふわのかき氷もしています。こちらもおすすめです。

ソフトクリームを食べ終わって、少しぶらぶらしていると、もうお昼の時間です。

一通り終わったら疲れたカラダに糖分を補給しましょう。

ランチタイム

12:00

観光でのお楽しみと言えば、もちろん、ご飯はたいせつですよね?

おいしいものを食べてこそ、歩き回れる元気も出てきます……って、朝から食べてばかりの私です……。

それはともかく、金閣寺の近くにもランチに良さそうなお店がいくつかあります。

あれこれ見て回ってお店を選ぶのもいいですけど、ここは時間が限られているので、あらかじめ候補を決めておけば、何かとスムーズです。

私の候補はこのふたつ。

いただき

ランチ いただき

こちらは洋食のお店で、かわいらしくておしゃれな感じ。

金閣寺正面の小さな通りをはいった、すぐそこにあります。

夜は本格的なコース料理も楽しめますが、お昼はランチでリーズナブルなお値段でお腹いっぱいになります。

地元の旬な京野菜を使っているというのもポイント高め。

特製デミグラスソースのハンバーグに、同じく特製デミカレーライス(それぞれ1,000円)、京豆腐の揚げだし和風ハンバーグ(1,100円)、牛サーロインステーキ丼(900円)、牛みすじ肉のミラノ風カツレツ粒マスタード添え(1,500円)などなど。どれもおいしそうで、目移りしてしまって選ぶのが難しい。

さらに、日替わりランチもいろいろあります。

権太呂

権太呂外観

こちらは和食。

創業明治43年の老舗で、金閣寺と龍安寺を結ぶ観光道路「きぬかけの道」沿いにあります。

京都らしさ満点のふんいきのある店構えで、お蕎麦におうどん、京都のおばんざいなどがいただけます。看板料理はお取り寄せもできる自慢の出汁を使った京風うどんすき、「権太呂鍋」(4,000円)です。

ランチなら、私のおすすめはしっぽくうどん(1,000円)ですけど、もともとお蕎麦が有名なお店ですので、この季節だと評判の手打ち蕎麦のセットで、黒胡麻切り天ざる蕎麦御膳(2,300円)なんかもいいかも。このどちらも捨て難かったのですが、今回は京都らしさを優先して

権太呂メニュー

権太呂さんに決定!

権太呂座敷

ゆったりとしたお座敷で、おうどんをいただいて、ほっこりしました。

龍安寺・仁和寺

〈13:00 2番目は龍安寺〉

おいしいランチを楽しんだら、歩いて次の目的地に向かいます。
1キロほどなので、食後の運動にはちょうど良いくらい?

IMG_8270

IMG_8276

10分もかからず龍安寺の入り口に着きました。

IMG_8280

そうそう、歩いていると、あちらこちらでレンタサイクルをよく見かけました。

実は京都は観光スポットが密集しているところもたくさんあるので、自転車が便利だったりします。

(レンタサイクルのことは、またの機会にご紹介したいと思います)

IMG_8282

入り口からの緑のトンネルを抜けると、

龍安寺 入口

龍安寺の門に到着です。

*こちらは、そのときに撮影いたしました龍安寺のフォトギャラリーです。

よろしければ、合せてご覧ください。DSC02880

龍安寺と言えば、わざわざ説明する必要がないくらいに有名なのが、この石庭。

まさに圧巻で、すばらしいの一言!

あまりにも感動的な光景に、私も石庭の前で石を数えたり、写真を撮ったりで、ふと我に返ってみれば1時間半も経ってしまっていました。

金閣寺も良かったですけど、龍安寺はまた格別ですね。

龍安寺内にはお池もあって、そのまわりを散策するのも楽しいんですけど、ここは時間がなくなってきたので残念ながらスルー。(もしお時間があれば、ぜひ)

急いで次の目的地に向かいます。

〈15:00 3番目で仁和寺〉

IMG_8288龍安寺から歩いて、さらに10分あまり。

IMG_8297

途中には、こんな光景も。すっかり秋が近づいてきていますね。

IMG_8298

駐車場を通り過ぎ、仁和寺が見えてきました。

IMG_8301

*仁和寺のフォトギャラリーはこちら。

龍安寺と同じく世界遺産に登録されている仁和寺は見所がいっぱいなので、駆け足で。

ほんとうなら、ここだけで半日ほど使いたいところです。

DSC02960

ちなみに、仁和寺の境内にはここにしかないと言われる御室桜があります。

こちらは高さ3ートルほどで成長が止まるのが特長だそうです。いまは咲いていないのが残念。

京都では4月下旬に咲くので、春を締めくくる花として有名なんですね。

樹齢360年を超す古木もあって、衰弱が目立つということで、現在増殖に取り組んでいるそうです。

そろそろ巻きがはいってきましたが、次なる最後の目的地へ。

御室仁和寺駅

正門を出たところに嵐電の「御室仁和寺」駅がありますので、それに乗って高速移動します。

嵐山

〈嵐電でGO!!〉

この嵐電は嵯峨嵐山と四条大宮を結ぶ京都のローカル路線です。

ホームはこんな感じ。どこか懐かしいような、鄙びた佇まいがちょっと良いかも。

嵐電 夕子列車

ちょうど電車がはいってくるところです。

IMG_8318

路線図もコンパクト。

IMG_8321

途中、「帷子ノ辻」駅にて乗り換えです。踏みきりを渡って、向こう側の①番のりばに回らないといけません。

IMG_8326

〈16:00 嵐山〉

嵐電 嵐山駅

約15分のほんのしばらくの電車の旅で、嵐山に。

渡月橋

渡月橋

ここはお約束ということで、とりあえず、渡月橋に行ってみます。

記念に写真も一枚。

ただし、渡っている時間はないので、前から遠目に眺めるだけです。

〈16:30 天龍寺〉

世界遺産の天龍寺に立ち寄り……。

*嵐山周辺のフォトギャラリーはこちら。

竹林の小径に感激!

〈17:30〉

竹林嵯峨嵐山

陽が落ちかけてきた中を、どうしても見ておきたかった竹林の小径に。

TVのドラマやCMでおなじみですが、実際にこの目で見るのは全然違います。

嵐山まで来たら、ここに行かないわけにはいきません。

そろそろ日没も近くなってきましたが、鬱蒼とおい茂った竹の間から淡い光が差し込んでくる、綺麗な夕暮れをたっぷりと楽しみました。

〈18:30 JRにて嵯峨嵐山駅から京都駅まで〉

嵯峨嵐山駅前

すっかり遅くなりましたので、これで1日目の京都観光はおしまいです。

というわけで、JRの「嵯峨嵐山」駅まで10分ほど歩きます。

この駅は京都でも有数の観光スポットである嵐山・嵯峨野への玄関口になっています。

JR嵯峨野線が複線化された際の2008年6月に、駅舎も改築されて新しくなりました。

今回は逆のルートをたどったわけですが、京都駅から嵐山に直接来るのであれば、JR一本でOKです。

こちらの嵯峨嵐山には保津峡を抜ける観光トロッコ列車の駅もあります。

〈19:00 京都駅に戻ってきました〉

嵯峨野線

ほぼ半日ぶりの京都駅。

いちばん北側のホームに着きますので、エスカレーターに乗って2階に行きます。

八条西口から出て、ホテルに向かいます。

〈19:20 チェックイン〉

京都プラザホテルのフロント

預けていた荷物を受け取って、チェックインしました。

〈19:30 お風呂で心も体もリラックス〉

大浴場

心も体もリラックスの大浴場は旅の疲れた体を癒やしてくれます。
お部屋に荷物を置いて、大浴場へ。

ユニットバスとは違う、ゆったりとしたお風呂はいいですね。汗を流してから温かいお湯に浸かって、心から寛ぐことができました。この後は京都駅のまわりにあるお店に夕食に行って、早めに寝るだけです。

何しろ1泊2日のハードスケジュールですので、あしたのためにも夜更かししているわけにはいきません。

それでは、おやすみなさ~い……。

2日目はこちら↓

大人気の伏見稲荷大社や定番の清水寺のモデルコースを考えました。
京都のおみやげなども紹介できればと思います。

京都1泊2日モデルコース|伏見稲荷大社から清水寺から祇園へ

人気記事一覧

夏の京都を味わいたい「川床編」

大阪観光モデルコース「道頓堀」

夜行バスで京都に行きたい!

着物・浴衣で京都観光する場合は?

USJに行くには尼崎で宿泊が便利!

京都の紅葉シーズン

今回紹介しているモデルコースは紅葉も楽しめます。
嵐山一帯は紅葉の名所が多数あります。
なかでも私の一番好きな場所は宝厳院、夏も秋ももみじがキレイです。

周辺には湯豆腐屋さんもオススメですね。

京都のラーメン屋

日本人は本当に炭水化物が大好きですね。麺類にお米など多種多様に美味しく食べていますね。とくにラーメンは北海道から九州に至るまでそれぞれ美味しいラーメン店があります。
朝食はごはん、お昼にうどん、夜食にラーメンで締めたりなんていう人も多いんじゃないでしょうか。また、関西にはお好み焼き屋さんもあります。
夏にはひやむぎやそうめんもありますね。よくお酒が入ったあとにラーメン屋さんを知りたい方がおられると思いますのでご紹介します。京都祇園でお酒を飲んで、京都味のラーメンをお楽しみください。

満点兄弟

満点兄弟

特徴のこってりラーメン
ホテルから徒歩で4分ほどの所にある家系のラーメン屋さん。お店の前が駐車場になっており、赤い提灯が目印です。私のオススメは「とりこってりラ ーメン」。10のつく日はサービス券の配布有り。

三条大橋近くの『珉珉』

この度は、少し遠出して、スタッフと三条大橋近くの『珉珉』へ
ここのランチの定食は実に安い、ジンギスカン定食が500円、マーボー豆腐定食が600円、酢豚定食が700円でした。それと。餃子3人前とビールを頼み、それぞれ分けあって頂きました。

「篠田屋]昔ながらのラーメン

しかしながら、今日のスタッフは、この量では、もう少し食い足らず、近くの昔ながらのうどん屋「篠田屋]に、昔ながらのラーメンを食べに行きました。
ここもまた安い、何とラーメン500円也ナイト明けのらーめんは最高です!!

中華そば 満福 京都駅前店

今日もナイト明けのスタッフで、京都駅前の満福へ参りました。
若いスタッフが、焼きぶたがたまらなく美味しいと言っております。

    焼きブタセット950円焼きブタ(ミニ)+しょうゆ(並)焼きブタセットA’1,050円焼きブタ(ミニ)+みそ(並)丼セット950円ミニ丼(日替わり)+しょうゆ(並)丼セット’1,050円ミニ丼(日替わり)+みそ(並)

店主より

京都伏見で30年間に渡り営業中の中華そば萬福です。 一杯一杯心を込めて作ったラーメンは皆様の心とお腹を暖かく満たしております。 また、当店の焼きブタは「とんねるずのみなさんのおかげでした」にて紹介されたこともあります。 また食材に対するこだわりだけでなく、気遣い・思いやりの心でラーメンを提供していますので来店を心よりお待ちしております。京都駅前より徒歩5分です!„と食べログで仰ってます。

鶴武者ラーメン(つるむしゃ)

店舗の前を通る度にお客さんが並んでいました。

前から気になっていたのですが、なかなか行けず…。

阪急の西院駅の近くにあるラーメン屋さん「つるむしゃ」
周辺には飲み屋等の飲食店が多数あります。

【鶴武者】
・営業時間 [月~土] 18:00~翌2:30  [日・祝]18:00~翌1:30
・定休日:毎週日曜日
・所在地:京都府京都市右京区西院矢掛町28丁目2番地
・アクセス:阪急/ 西院駅 徒歩5分
☎075-322-7015

らーめん 鶴武者 ラーメン つるむしゃの詳細

普通のラーメン
大山の丸鶏をメインに使用し、鶏がら、とんこつ、野菜を合わせて強火で半日炊き上げ、
丸鶏の甘み、うまみ、クリーミィーさを引き出しています。
丁寧にアクをとっているために臭みななく、常温でぷるぷるしたゼリー状のコラーゲンたっぷりな鶏白湯スープです。
数種類の乾物に、あさりかきを加えたタレを使ったラーメンです。

和風ラーメン
三種類の昆布、貝柱、スルメ、干し椎茸を水出しにしてうまみを引き出し、かつお節、
さば節、メジカ節、ウルメイワシ節を加えてだしをひいています。
あさり、かきを使ったタレに、乾物を使った香味油がうまみと香りを添えます。

自家製麺
北海道で生産され製粉された地粉を100%使用しています。国内小麦はもちもちとした
食感と、風味に優れています。毎日、気温と湿度によって微調整しながら、店頭の機械で
製麺しています。2つのたねを何度も合わせることでコシを出します。そして一晩寝かせます。スープがよくからむように、一玉ずつ手でもんで縮れさせます。

らーめん730円
鶏ガラと豚骨に野菜で甘みを出したスープです。
和風らーめん730円
鶏ガラ豚骨と魚介のWスープです。
つけ麺830円
麺がうまいちゃーしゅーめん
930円和風ちゃーしゅーめん
930円窯出しちゃーしゅーめん(火曜日夜、土曜日夜限定)
1,030円麺大盛
100円煮玉子
100円メンマ大盛
100円ちゃーしゅー大盛り
200円炙りちゃーしゅー丼
320円白ごはん

天天有 本店  てんてんゆう

ラーメンの激戦区にある昔からの名店「天天有」。

仕事終わりに同僚と車を走らせ一乗寺へ。時間も遅いこともあってすぐに着席。

【天天有 本店】
・営業時間 [月~土] 18:00~翌2:30  [日・祝]18:00~翌1:30
・定休日:水曜日
・所在地:京都府京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町49
叡山電鉄一乗寺駅徒歩7分 バス停は一乗寺北大丸町下車
☎075-711-3255

私達が食したラーメン
中華そば並(1玉) 600円
中華そば並(1玉)煮卵入 600円
中華そば中(1.5玉)煮卵入 650円
ルービー中瓶 500円

店内は暗く必要最低限な明かりだけある感じです。
今回二回目の来店で、初回は約15年ほど前に来たのでその時よりかは店内は綺麗でした(昔は相当狭かった記憶があります・・・)。

スープはとろみのある鶏の旨味が凝縮されている感じでネギも多めに入ってました。
私の好みではもう少し少なくてもよいのでは?と思います。
麺は基本細麺ですが、ちょうど台風の影響で製麺所が被害を受けていたようで細麺は頂けませんでした。(残念) 餃子も皮も同じ所で作られているようで餃子も頂けませんでした。(残念)

途中で紅生姜を入れると味が変わって美味しいようですが、すっかり入れるのを忘れていました。(残念)

味の決め手は「一味にんにく」。やっぱりやなーと思う!!

あと深夜2時半まで営業しているのは(ありがたい)お酒の後には最適。
価格も比較的安く人気のラーメン店です。

本家 第一旭

今日も夜勤明けに、スタッフと高橋の第一旭に参りました。
さすがに昼過ぎになると並びますね!

うまい!!
みんな、ガッツいています。

たかばし 本家 第一旭
・TEL: 075-351-6321
・FAX: 075-361-8082
・E-MAIL: info@honke-daiichiasahi.com
・営業時間: 5:00~26:00
・定休日: 木曜日

ラーメン軍団

京都のラーメン激戦区一乗寺にその店はあります。
メニューはご覧のとおりデス。

メニュー下の注意書きに期待….
J-まぜそば(魚介)800円を注文しました。

注文時にモチモチ麺に変更可能です。
私はモチモチ麺に変更しました。
黒くテカテカした醤油ダレがモチモチ麺に絡みつき最高です。

トッピングのキャベツ、もやしは量が多いですがボイルして甘みもあり勢い良くいけます。

途中で一味やカレーでの味変もできます。味を変えつつ勢い衰える事なく完食しました。
次は大盛りに挑戦したいです。

ごちそうさまでした!

電話番号075-712-3134
 京都府京都市左京区高野泉町6-74
 交通手段
 叡山電車本線:「一乗寺」駅から徒歩6分

バス停:京都バス16・17系統(川端通り)
 高野泉町または高野玉岡町下車徒歩3分

市バス31系統一乗寺北大丸町下車

市バス204・206・北8系統(北大路通り)
 高野橋東詰または高野下車徒歩10分弱

ランチ 11:30~13:30
ディナー 18:00~23:00
不定休
京都府京都市左京区高野泉町6-74

ラーメン天狗(てんぐ)

京都の観光スポットである「太秦映画村」から徒歩5分程のところにあるラーメン屋さん。
営業時間が11:30~翌2:00と遅くまで営業しているのもありがたい。

てんぐラーメン(醤油)並 650円

●オーソドックスな豚骨醤油ラーメン
●ライスは、120円でお代わり無料
●帰りに50円割引き券がもらえる(有効期限あり)
●駐車場あり
●座敷あり
●ネギは別盛
●季節限定のメニューも

【お店PR文】
店内は明るく、座敷もございますので、お子様連れの御家族や女性のお客様も来店しやすいと思います。またラーメンだけでなくサイドメニューとして、蒸し物や水ギョーザなども御用意しております。100円でライス食べ放題も学生さん等に人気があります。後、店舗は違いますが、昨年11月オープンした西陣店では焼きギョーザやチャーハン、揚げもの等、より家族で来て楽しめるメニューが沢山ございますので是非お立ち寄り下さい。

飲んだあとに食べたくなる、そんなラーメン。
白ご飯との相性抜群の醤油豚骨スープ

ラーメンてんぐ常盤店
 ☎075-872-7223

〒616-8229 京都府京都市右京区常盤北裏町1
 エリア: 嵯峨野・太秦
 営業時間:月~日 ランチ・ディナー 11:30~翌2:00(L.O.1:40)
 定休日:無

(Visited 241,402 times, 108 visits today)
人気記事 TOP15
京都観光情報