黄檗山萬福寺門前に普茶料理の白雲庵

NHKの「サラメシ」と云う番組で、様々な働く人の昼食が紹介されています。「昼食から働く人の今が見える」と云うコンセプトで、ランチに隠された仕事へのこだわりや感動を中井貴一の語りで、エピソードなど、愛妻弁当あり、こだわり外食あり。先日は向田邦子さんの若き編集者時代の昼食のミックスサンドイッチ、禅寺で修行中の二十歳代の若者たちの食事などでした。特に禅寺での食事を若者が自分達で作り、座禅の場所で作法に則り食事をする様は感動させられました。
京都には禅宗の大本山の臨済宗・
(南禅寺 相国寺 妙心寺 建仁寺 大徳寺 天龍寺) と・黄檗宗のお寺があります。

110907_152831.jpg
この度は黄檗山萬福寺をご紹介。

萬福寺は1661年に中国僧隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師によって開創されました。

禅師は中国明朝時代の臨済宗を代表する僧で、中国福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺のご住職をされていました。その当時、日本からの度重なる招請に応じ、63歳の時に弟子20名を伴って1654年に来朝されました。宇治の地でお寺を開くにあたり、隠元和尚は寺名を中国の自坊と同じ「黄檗山萬福寺」と名付けました。

その後、幕府の政策等により、宗派を黄檗宗と改宗し現在に至ります。日本でいう「禅宗」は、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の三宗に分類されています。

萬福寺の伽藍建築・文化などはすべて中国の明朝様式です。美術・建築・印刷・煎茶・普茶料理、隠元豆・西瓜・蓮根・孟宗竹(タケノコ)・木魚なども隠元禅師が来られてから日本にもたらされたものであり、当時江戸時代の文化全般に影響を与えたといわれています。 中でも中国風精進料理である「普茶料理」は日本の精進料理(禅僧が日常食する質素な食事)とイメージが異なっています。見た目も美しく盛りつけられる料理の数々は、高タンパク・低カロリーで栄養面にも優れ、席を共にする人たちと楽しく感謝して料理を頂く事に普茶料理の意味が込められています。
一度如何でしょうか!
110907_153027.jpg

黄檗山萬福寺門前に普茶料理の白雲庵があります。
ビジネスに観光に皆様のお越しをお待ちしております。
京都市内でビジネスホテルをお探しの方は是非当京都プラザホテルへ。

(Visited 247 times, 1 visits today)
人気記事 TOP15
京都観光情報