嵐山観光を楽しむモデルコース 満足度すごい

2016.秋「そうだ京都いこう」のキャンペーンに選ばれた「天龍寺」

天龍寺のある嵐山一帯は京都観光スポットが目白押し、
京都駅からも嵯峨野線一本でスムーズに行けるので、大変時間の節約にもなります。

ホテルスタッフによる嵐山モデルコース

それではSTART

大原・延暦寺方面へいくと移動だけで大変ですからね。

そこで今回は嵯峨嵐山周辺にスポットを当てて「嵐山観光モデルコース」をご紹介いたします。

また、こちらのページでは京都のイベント情報もありますので併せてご覧ください。

今回予約した京都観光に便利な格安ビジネスホテル

この京都観光が便利なホテルを予約した理由は格安であるうえに各観光スポットへ行けるバス停がホテルの近くにあることで有名観光スポットへ効率よく行けること。

市バスは混雑した京都駅のバスターミナルを避けるので人混みも少なく移動でのストレスがなく京都の旅を楽しめること。

京都観光で疲れた時はホテルに完備されている大浴場でゆったり足を伸ばして疲れを癒せること。

なかでもイチオシなのが種類が豊富な朝食が無料サービスであること。
なかでも挽きたてのコーヒーも人気です。

またスタッフオリジナル京都観光マップがもらえます。
公式サイトよりダウンロード可能で京都旅行に関する有益なの情報が掲載されています。

嵐山観光へそれでは、出発!

実際に私が体験してきて、個人的なおすすめのコースをまとめてみました。京都駅から嵯峨嵐山へのアクセスですがJR嵯峨野線のご利用をお勧めしております。

もちろん京都駅前から市バス28系統「嵯峨大覚寺行き」乗車で嵯峨嵐山へ行く事は可能ではありますが、本数が少なく(1時間に3本)乗車時間が長い(約1時間)というデメリットがあります。






京都駅から嵯峨嵐山駅へ

なお本日ははJR嵯峨野線、を利用しました。

先ずはJR嵯峨野線に向かいます。
ここで裏技をご紹介させていただきます。
JR嵯峨野線ホームは京都駅の北西側にある為、通常の改札口(2階連絡通路改札口)ではなくビックカメラ2階改札口を利用するのが大変便利です。

なんと2階売場の中に改札口があります。
というのもJR嵯峨野線ホームの上にビックカメラが入っているビルがあるからです。
1階に下りますと関空特急「はるか」のホーム、その隣が嵯峨野線ホームとなります。


京都駅から嵯峨嵐山駅まで快速電車で約12分、各駅停車で約18分の乗車となります。
良いタイミングで快速に乗れればラッキーです。

JR嵯峨嵐山へ到着

駅を降りるとすぐ右にトロッコ列車があります。
秋は紅葉、春は桜と季節に応じて楽しむことができるトロッコ列車は大人気ですが、今回は時間の関係で乗りません。一旦乗ってしまうと、保津峡経由で亀岡まで行ってしまし返ってくるのに時間がかかるからです。

亀岡から保津川下りで帰ってくるという方法もありますが、なかなかハードですね。

また、人力車による呼び込みがありますが、今回は数多くのスポットを巡るためにレンタサイクルで移動します。

目的のレンタル屋さんまで歩いて10分

今回はこちらで自転車を借りました。

レンタル屋の前にある渡月橋

まずは、定番の「渡月橋」
お店のすぐ前にあるのでまずは記念写真といたします。

嵯峨嵐山駅から西へ約5分ほどで竹林の入口に、いつも多数の観光客の方々が集まっていますので直ぐに判ります。

では竹林へ。


途中にあります野宮神社、新緑が綺麗でした。

更に竹林の奥へ。

竹林の終点はT字路となっており、左に行きますと嵐山公園、右に行きますと嵯峨野となります。絶景を見る為に左へ曲がり嵐山山頂へ、ココから見る保津峡方面は絶景です。


竹林のT字路まで戻り嵯峨野方面へ、ここからは有名な寺院が続きます。


先ずは常寂光寺。


田園風景です。

落柿舎です。

ニ尊院です。


途中にはこんなものが・・・・。


竹林T字路から約15分、本日の最大の目的地である祇王寺です。


春は新緑、秋は紅葉、ここの苔庭は絶景です。
所で、苔庭といえば世界遺産である苔寺が有名ですがこちらの祇王寺の方が色々な面でお勧めです。

厭離庵(えんりあん)

祇王寺の次に向かったのは祇王寺から東へ約7分の厭離庵(えんりあん)、こちらも祇王寺と同じく紅葉の名所ですが一般公開されているのは紅葉の時期だけであります。よって入口部分のみを撮影しました。

厭離庵から更に東へ約5分、清涼寺です。

最後に向かったのが嵐山渡月橋

さすがに日曜日ということでもの凄い人です。



帰路は嵐電嵐山線を利用、画像は嵐山駅です。

こちらで有名なのがホームにあります足湯です。

嵐電は全て各駅停車であり210円均一料金となっております。

嵐山駅から四条大宮駅まで約20分の乗車となります。
更に四条大宮から市バス18・71・207系統に乗車、「東寺東門前」で下車(乗車時間約10分)徒歩約5分で当ホテルまで戻ってくる事が出来ます。

当ホテルを朝10時半に出発、戻ってきたのが15時半、約5時間の嵯峨嵐山の新緑散策でありました。梅雨の時期までまだまだ新緑が楽しめそうです。尚、次回は東山~哲学の道方面の新緑を撮影する予定にしております。特に紅葉の名所である南禅寺・永観堂・真如堂の新緑は絶景であります。ご期待下さいませ。

法輪寺

京都で舞台と言えば「清水の舞台」が有名でありますが、実は嵐山にも舞台がある事をご存知でしょうか? 本日は嵐山の隠れスポットである「法輪寺の舞台」をご紹介させて頂きます。

舞台は嵐山温泉がある桂川右岸の山手、法輪寺の境内に有ります。
では画像で(撮影は1月3日です)、清水の舞台と同じぐらいの広さがあります。

舞台から見た京都駅方面、京都タワーが小さく見えています。
舞台から見た渡月橋です。

(Visited 185,347 times, 530 visits today)

スポンサーリンク



よく読まれている記事



スポンサーリンク











この記事をお届けした
女子部じょし部の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク






コメント