祇園甲部歌舞練場 都をどり

あと少しでGWがスタートとなりますが、反対に祇園甲部歌舞練場で開催されております「都をどり」があと1週間で終演となります。そこで本日、雅な世界を満喫する為、都をどりへ行ってきました。
DSCF6309.jpg
では画像で、祇園甲部歌舞練場は祇園のメインストリートである花見小路南端にあります。右手奥が歌舞練場、左の建物が祇園コーナー(常時演芸を実施、予約不要)となります。
DSCF6286.jpg
DSCF6287.jpg
歌舞練場の奥には綺麗な庭園があり、お茶席の時間までゆっくりと散策出来ます。
DSCF6288.jpg
庭園を散策した後、お茶席へ。
芸妓さんによる立礼式(りゅうれいしき)のお点前を見ながらお菓子と抹茶を頂きます。お菓子に使用されたお皿はお土産としてお持ち帰りが出来ます。
DSCF6295.jpg
DSCF6299.jpg
お茶席の後は展示コーナーへ、過去の舞妓さんの衣装が展示されています。着物は手描き友禅、帯は西陣織、いずれも京都の伝統の技で作られ毎年新調されるそうです。
DSCF6302.jpg
DSCF6307.jpg
でいよいよ歌舞練場内部へ。
DSCF6310.jpg
DSCF6311.jpg
DSCF6314.jpg
公演中は撮影禁止となる為、都をどりHPの画像からご紹介します。
演目は8景あり、日本の四季(春で始まり春で終わります)を表現しております。
DSCF6329.jpg
DSCF6331.jpg
DSCF6332.jpg
DSCF6333.jpg
DSCF6334.jpg
DSCF6335.jpg
DSCF6336.jpg
最後の8景は出演者全員が舞台に、スケールに圧倒されます。
DSCF6337.jpg
あっと言う間の50分の舞台、お庭散策・お茶席を入れますと約2時間の雅な世界でした。
所で観客席の中に本物の舞妓さんが数名いらっしゃいました、左側が昼間の舞妓さんです。
DSCF6321.jpg
DSCF6325.jpg
残念ながら都をどりは4月30日で終演となりますが、5月1日からは先斗町歌舞練場で「鴨川おどり」が始まります。京都の春のおどりはまだまだ続きます。是非京都へおこし下さいませ。

都をどり⇒http://www.miyako-odori.jp/
鴨川おどり⇒http://www.kamogawa-odori.com/

(Visited 238 times, 1 visits today)
人気記事 TOP15
京都観光情報