京都の遅咲き桜の代表格、仁和寺の御室桜

ナイトフロントのY城で御座います。

京都のソメイヨシノは散りに入り寂しくなっておりますが、遅咲き系の桜(八重桜・紅枝垂れ桜など)は今が満開見頃となっております。そこで本日は京都の遅咲き桜の代表格、仁和寺の御室桜を撮影しました。

では画像で、世界遺産仁和寺の二王門です。
DSCF5958.jpg
DSCF5959.jpg
DSCF5900.jpg
二王門から境内に入り中門へ、中門の左手にあるのが名勝御室桜庭園です。
DSCF5951.jpg
御室桜は満開見頃です。
DSCF5942.jpg
もの凄い人、さすが人気スポットです。
DSCF5925-1.jpg
DSC08337.JPG
この庭園からの定番画像がこちらです。
DSC08340.JPG
DSC08358.JPG
DSC08364.JPG
DSCF5918.jpg
次は地面の様子、低いと所から花をつけるのが御室桜の特徴です。
DSCF5935.jpg
DSCF5943-1.jpg
DSCF5906.jpg
DSC08356.JPG
御室桜を撮影後、境内の様子を撮影。
DSC08351.JPG
DSC08352.JPG
DSCF5929.jpg
3月上旬より京都の桜を撮影して参りましたが、今回の仁和寺御室桜で桜撮影はほぼ終了となりそうです。季節は桜から新緑へ、今後は遅咲き桜を交えながら新緑の京都を撮影する予定で御座います。ご期待下さいませ。

(Visited 246 times, 1 visits today)


人気記事 TOP10

人気記事ランキング

京都観光情報