六角堂の枝垂れ桜

先日より京都の枝垂れ桜(ソメイヨシノより早く開花しています)をご紹介しておりますが、本日は京都中心部にあります六角堂の枝垂れ桜を撮影しました。

六角堂は聖徳太子が創建、いけばな発祥の地とされております。京都の中心とされる「へそ石」があり、へそ石をモチーフにした「へそ石餅」が境内で販売されております。境内には表情豊かな地蔵さん・羅漢さんも多数あり、春は早咲きの「御幸桜」という大きな枝垂れ桜が有名です。その「御幸桜」、開花しはじめの頃は白い花ですが次第にピンク色に変化する不思議な桜です。
DSCF4923.jpg
こちらが御幸桜、まだ5分咲きでしょうか。
DSCF4940.jpg
DSCF4941.jpg
反対側から。
DSCF4985.jpg
上から。
DSCF4968.jpg
DSCF4966.jpg
羅漢像を入れて。
DSCF4929.jpg
DSCF4957.jpg
DSCF4994.jpg
隣ビルに映った六角堂です。
DSCF4964.jpg
DSCF4963.jpg
全体的には白色ですが一部がピンク色に変色しております。
DSCF4931.jpg
DSCF4937.jpg
4月15日~17日の3日間ライトアップが行われます。
DSCF5001.jpg
六角堂の枝垂れ桜の見頃は週明け頃になりそうです。

(Visited 85 times, 2 visits today)
人気記事 TOP15
京都観光情報